2021-01-01から1年間の記事一覧

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.799

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と三十 「ムラガル ムラガリアン ト ハビコル ハビコリアン」 「損得」だけでモノゴトを見過ぎると、なぜ、自分だけが「損」をしなければいけないのか、と、どうしても、目の前の「得」に群がってしまいがちだ、とAくん。しか…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.798

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十九 「スコブルワルイイミデ トモダチヲタイセツニスル」 そんなAくんの熱き「会議」論に耳を傾けているうちに、なんとなくながらわかったことは、その構成メンバーが、ベチャベチャッとした関係性の中で気持ち悪く…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.797

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十八 「カイキ ナ カイギ ニ ミライハナイ」 そこかしこに数多ある「会議」なるもののその構成メンバーを見るだけで、その会議の知性とか品性とか先進性とか、が、ほぼ、わかる。言い換えるならば、たとえば、申し訳な…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.796

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十七 「グルグルパ~!」 「みんな、グルなんじゃないのか、って思うこと、ないかい」 グ、グル? 毎度のことながら、唐突感丸出しに切られたAくんの口火に、なかなか慣れることができないまま、またまたドップリと戸…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.795

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十六 「カッテニソンタクサセチャウマン ウゴメク」 巷を賑わすパワハラ(power harassment)には、わかりやすい武闘派と、わかり辛い技巧派とがある、とAくん。 先ほども、たしか、わかりやすいパワハラ(オモテハラ…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.794

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十五 「エイチ ト キガイ ト カクゴ ト マギャクノ マツリゴト」 英知と悪知恵とは違う。 気概と傲慢(ゴウマン)とは違う。 覚悟と往生際が悪いとは、ナニからナニまで全くもって違う。 英知と気概と覚悟との渾然一体…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.793

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十四 「ツゴウガイイ トカ ツゴウガワルイ トカ」 およそ、この国の大手マスメディアなんてものは、出世など全く考えず、真実を伝えようと息巻く熱き部下たちを、あの手この手でどうにか出世を遂げた冷めた上司が潰…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.792

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十三 「ミノガサナイ!」② 「この感覚、もちろん我々も含めて、忘れちゃダメだよな」 現場魂、職人魂。 忘れてはいけないと思う。仮に、もし、この感覚を忘れてしまったとしたら、もう、この国の、この星の、肝心要の…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.791

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十二 「ミノガサナイ!」① 短編のドキュメンタリー番組を、なんとなく見ていた時のこと。インフラ整備の現場で、ある一人のベテラン作業員がもらしたその呟きが、一つの教訓として、戒めとして、僕のこのあたりにへ…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.790

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十一 「オロカニモ オロカナル ビカ」 過去において、やってしまった愚行を、愚行のまま愚行として歴史に刻むことに、大いなる抵抗がある人たちがいる、とAくん。 愚かなる行いを愚かだと認められない愚かさほど厄…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.789

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と二十 「ヤッパリ イイワケ イイワケガナイ」② 「しかし、しかしだ。僕とか、失礼ながら君とか、といったシモジモである一般ピーポーなら、それほどの影響力もないだろうから、ま、いいか~、などと思えなくもないけれど…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.788

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十九 「ヤッパリ イイワケ イイワケガナイ」① 「黙って母さんの言うことを聞きなさい」、と、よく言われたもんだ。おそらく、おふくろさんの叱責なんぞに、ろくすっぽ耳を傾けようとせず、ひたすら稚拙な言い訳に邁進し…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.787

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十八 「サイゴノ イブリガッコ」 皿の上に、寂しそうにポツンと残っていた最後の「いぶりがっこ」と、たまたま目が合ってしまった私は、「わかった、わかった」と(心の中でではあるけれど)呟きながら、ソレを箸で摘(ツ)ま…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.786

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十七 「ツカレハテマシタ」 嘘偽りなく、心の底から「疲れ果てました」、と、言わざるを得なくなってしまったその人に対して、誰が、「もう少し頑張りなさいよ」、などと、言えるだろうか。今ひとたび、その人の口から零れ…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.785

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十六 「キカイダー!」 残念ながら、『佐武と市捕物控』のことはサッパリだが、その作者である石森(石ノ森)章太郎のことは、あの仮面ライダーなどの人造人間系ヒーロー絡みで、よく存じ上げている。 そんな、彼が繰り…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.784

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十五 「ムヨウノスケ?」② 点火と同時に、フワッっと目の前が温かくなる。 だから、というわけではないけれど、その温かさで氷が溶けるがごとく喋り出している、私。 「無意味だと侮(アナド)ることなかれ、無意味もまた…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.783

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十四 「ムヨウノスケ?」① 悲しいかな、あの『ゴルゴ13』の影に完全に隠れてしまっている『無用ノ介』ではあるけれど、僕の中では、さいとう・たかお史上No.1、なんだよね、と、ようやく一休みを終えたAくんが、口…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.782

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十三 「ヤヤコシクナヤマシイ? セイジ ト セイジカ ト」 エラそうに、芸術とスポーツの自主自立について思いを巡らしてきたわけだけれど、よくよく考えてみると、自主自立から掛け離れたところにあるモノは、芸術やス…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.781

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十二 「ヤヤコシクナヤマシイ? ゲイジュツ ト スポーツ ト」 そんな、どこまでも浮かばれない捨てゼリフを残して、またまた沈黙の世界に入り込んでしまったAくんには、もう少し一休みしておいてもらうことにして、以…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.780

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十一 「ホボヘイキ ヘイキ?」 Aくんに負けないほどの唐突さで口火を切ってみる。 「ノーベル賞、ザッツノーベルショー、は、平和のショー、平和の祭典、で、なければならないなどと、先ほど、エラそうに宣わせていた…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.779

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十 「ヒハンスベキコトハ テッテイテキニヒハンスル ト ヒハンバカリスルノハ ヨクナイネ トハ マッタクチガウ」 同じことを言っているようでいて全く違う、ってことがあるわけよ、とAくん。 同じようでいて、全く違…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.778

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と九 「タスウハニヨル ショウスウハニタイスル イジメカモシレナイ」 この世の中のほとんどは、ひょっとすると、多数派による少数派に対するイジメかもしれない、とAくん。 仮に、民意で決まったコトに従うことが民主…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.777

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と八 「ナニモナニモ チイサキモノハ ミナ ウツクシ」 「なにもなにも、ちいさきものは、みな、うつくし」 ん? 「これ、あの、清少納言の傑作エッセイ、『枕草子』の中の、滅法、キュートなワンフレーズ。彼女が生きていた…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.776

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と七 「マタマタ ヨウカイ アマクダリ」 血税の軽んじられ方が尋常でない。 なぜか、血税なのだから一円たりとも無駄にするわけにはいかない、とは、ならないのである。更に、なぜか、血税をナニよりも大切なモノとして…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.775

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と六 「シノビヨル ブキミナ アシオト」 安定感の代名詞でもあった会社員生活。ましてや、それが、それなりの企業で、しかも、正規雇用で終身雇用とくれば、その安定感は、より一層、安定したものとなる。そして、そうし…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.774

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と五 「フシギノクニ ニッポン!」 カナダかドコかの大学かナニかで、日本の経済の不思議がテーマになったらしいんだよね、とAくん。 「日本の経済の不思議、ですか」、と私。 以前から、いわゆる先進国、の、中でも、こ…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.773

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十四 「ジョーカー!」② 「もう一方のジョーカー?」 「そうです、アホがアホ呼ぶアホアホワールドに棲む、あの、シン・ジョーカーのことです」 ほんの少し膨張したように見えたAくんの瞳は、すぐさまオリジナルサイズに…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.772

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十三 「ジョーカー!」① 元々は、そんな感じじゃなかったと思う。 なぜか、そのダークな部分ばかりが妙に強調されて映画化された『バットマン』。もちろん、賛否両論はあると思うが、それでも私は、その舞台であるゴッ…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.771

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十二 「タッタヒトリデイイ」 たとえば、泣く泣く自分の家を手放さなければならなくなったとしよう。祖父が、友人の建築士に頼んで建てた拘(コダワ)りの家である。それなりのお金が必要だということもあるが、そんな、…

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.770

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と十一 「ココデイッパツ オオアナネライ」 一か八か、ココで一発大穴狙い。 良識ある有識者のネガティブな指摘やら忠告やらなどナニするものぞ、と、雄叫びを上げつつ勝負に出る、という、そのウルトラ前向きな姿勢に、…