ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.976

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と七

「ユルセナイ ガ イビツ」

 ほとんど的を射た内容の発言であったとしても、たった一つの不注意な未確認情報を電波に乗せてしまったがために、その発言全体が、どころか、その発信者の存在さえも全否定、みたいな、そんな憂き目に遭う。ということがあったりするから、とかくこの世は住みにくい。とくに、圧倒的な権力に対して、そうしたスキを一瞬でも見せれば、たちまち標的となる。炎上。火だるま。火焔地獄。場合によっては息の根すら止められてしまいかねない。それゆえ、常に、心してかからねばならないわけよ、とAくん、一気に捲し立てる。おそらく、余ほど引っ掛かるナニかがあったのだろう。

 一つの不注意な未確認情報、か~。

 「しかし、あれだけ素人っぽいコメンテーターたちがアレコレ語りまくっているわけでしょ。テレビなんて、そもそもその程度のモノなんじゃないのですか」、と私。

 「その通り。その程度のモノだと思っておいた方が無難。だけど、圧倒的な権力に対しては、そうは問屋が卸さない、わけ」、とAくん。なんとなく胡散臭さを帯びてくる。

 たしかに、圧倒的な権力を握るピーポーたちが、いくらウソを垂れ流しても、総じてスルリと逃げ切ってしまう。そう簡単には認めないし、謝らないし、責任も取らない。

 「許せない、が、歪(イビツ)!」

 ん?

 「つまり、許せない、が、モロモロで一貫性を欠き、歪だということだ」

 んん?

 「つまり、そもそもが公平でない。誰が誰に対する不注意な未確認情報であったのか、が、大きく意味をもってくるわけだ」

 同じミステイクであったとしても、その、誰が誰に、で、ナニもカもが大きく変わってくるということか。

 「影響力が大きい、などと攻撃されがちだが、影響力の大きさなら権力者たちだって負けちゃ~いないだろ。でも、たいていはウヤムヤだ。あ~、考えれば考えるほど、とかくこの世は住みにくいよな~」

 ん~。

 夏目漱石には申し訳ないけれど、ソコしか存じ上げない『草枕』のオープニングのその一文が、なぜか、あたかもお経かナニかのようにユルユルとドコからともなく聞こえてくる。

 

 智に~働けば~角が~立つ~

 情に~棹(サオ)させば~流され~る~

 意地を~通せ~ば~窮屈だ~

 兎角この世は~住み~に~く~い~

 

(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.975

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と六

「ウメラレソウニナイホド フカイ ミゾ」③

 「あるまじき、あるまじき一例として」

 ん?

 「AI(エーアイ)生成の偽画像」

 んんっ!?

 「そもそも僕は、『AI』なるものを訝(イブカ)しんでいる。この手のモノって、必ずと言っていいほど悪用されるだろ」

 悪用される?

 ん。

 たしかにそうだ。

 もちろんそうじゃない方もおられるだろうが、悲しいかな、人の心などというものは、ほんの少しの良心と、数多の邪念によって形づくられているように、どうしても思えてしまう。それゆえ、利便性は、悪用の道を辿(タド)るが必然。そして、そうした良心と邪念との間の溝もまた、どうにも埋められそうにないほど深いのだろう。

 「だからこそ、新たなる利便性の導入には事前の綿密な法整備と、教育、が、不可欠」

 「法整備と、教育、ですか」

 「そう、教育。教育があってはじめて『AI生成の偽画像』などという心なきフェイクプレイに、万人が、『それはダメだろ』と言えるようになる。と、僕は思っている」

 正しき声を上げられることこそが大事、ということか。

 「つまり、自分自身の頭と心で考え、思い、ダメなコトには『ソレはダメだろ』と声に出せる。そんな自分を目指す。コレこそが教育であるはず」

 なるほど。

 「ところで、たとえば、どんなモノがあったりするのですか、そのAI生成の偽画像ってヤツの中には」

 「あってはいけないことだが、たとえば、先ほどの被災地の様子を、AIによって興味本意に、より大袈裟に仕立て上げてみせる」

 「そ、そんなコトを」

 「ソレを表現の自由と宣う者もいる。たしかに、現代アート的な表現と言えなくもない。けれど、その方向性を誤ってしまえば、現代アートも単なる愚かなる見せ物に身をやつしてしまう」

 単なる、愚かなる見せ物に、か~。

 「被災地の人々の心の痛みに寄り添えない、寄り添おうともしない。がゆえに、面白おかしくソンなコトをしでかしてしまう。コレって、決して、人として許されるコトじゃないだろ」

 な、なんというコトだ。

 「だからこその教育。学びと気付きがあってこその利便性。そうでなければ、利便性なんてモノはいつだって、人の道を踏み外し暴走しがち、だということだ」

 ふ~。

 この国の、この星の、そこかしこで見受けられる埋められそうにないほど深い溝たち。

 しかしながら、そうした溝も、Aくんの熱き愚痴に耳を傾けているうちに、その教育やらによって少しは埋まるかもしれないな、という思いがフツフツと、フツフツと湧き上がってくる。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.974

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と五

「ウメラレソウニナイホド フカイ ミゾ」②

 「その女性は、こう語る」

 ん?

 「平等とは、お金を払いたくても払えない家庭に、合わせること、だと」

 ん~。

 「生まれた瞬間から家庭環境は異なる。まずは公助があるべき、だと」

 ん、ん~。

 「さらに、24時間365日、誰もが気軽に立ち寄れる場所をつくる。そこに補助金を出すのが行政の役割ではないか、と」

 ん、ん、ん~・・・。

 おそらく、その女性が大事にしているモノと、行政が、周囲の人々が、大事にしているモノとでは、ナニかが大きく違っているのだろう。そんな気がしてならない。そして、その違いは、埋められそうにないほど深い溝(ミゾ)によって容赦なく分断されてしまったことによって、そう簡単にはお互いに、理解し合えそうにないように思える。

 「やはり、あの時の、あの『勝ち組負け組』発言が、余程気に入ったのか、そのまま人々の心の中に根付いてしまったのかもしれないな。それゆえ、『お金を払って学童に通う家庭と、無償の子どもの家に通う家庭が存在するのは不平等』みたいな、そんなものの考え方に、アッサリと市民権を与えてしまったのだろう」

 ふ~。

 負け組に、弱者に、追い詰められた人々に、ナゼ、ソコまで手厚くしなければならないのか。とでも言いたいのだろうか。

 そういえば、巨額の血税を投じて執り行われていた某国葬のその同刻に、その会場から140kmほどしか離れていない、その大雨によって被災した地で、住人たちが水を求めて列を。なんと一週間近くも断水が続いていたのである。

 真逆のテイストを漂わすこの二つの映像。が、ほとんど同刻に茶の間に流れる。

 そんな、そんな二つの映像の、その間に、埋められそうにないほどの深い溝を感じていたのは、果たして、私だけだろうか。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.973

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と四

「ウメラレソウニナイホド フカイ ミゾ」①

 「数多ある認定NPO法人。ホントに頭が下がるよな~」

 NPO法人、か~。

 「NPO法人によって救われた人生、命、幸せ、数えきれないほどあるでしょうね」

 「だろうな。あっ、そういえば、少し前に、ある記事を目にしたんだよね」

 ん?

 おもわず、ググッと身を乗り出す。

 「50年ほど前に、学童保育を立ち上げた女性の記事」

 「50年前、ですか」

 「そう、50年前。50年前なんて、少なくとも僕は、僕自身のコト以外ナニも見えていなかったと思う」

 「私は、未だにそうです。ナニも見えてなんかいません」

 「ま、そう徒(イタズラ)に、自分を責めなさんな。多分、みんな似たり寄ったり、周りのコトなんて誰も見えちゃ~いないから。でも、彼女には見えていた。ほとんどの人には見えない、見ようともしない、そんな周りの、その深いトコロまでもが。そして今も、彼女の目にはシッカリと見え続けているということなんだろうな」

 50年前からズッと凄まじい眼力で取り組み続けてこられたその女性に、興味がグングンと湧いてくる。 

 「しかも、ソコで立ち止まるのではなく、次の一歩、さらに一歩、さらにさらに、と、子どもたちと共に力強い足取りで、ズッと歩んできたわけだからな~」

 子どもたちと共に歩んできた、か~。

 存じ上げないだけで、この星のそこかしこには、同じように凄まじい眼力と力強い足取りで、子どもたちと共に歩み続けているスーパーピーポーたちがいるのだろうな、きっと。

 「その女性が、ある自治体の考え方にモノ申しているわけ」

 ん?

 「ナニか理不尽な圧力でもあったのですか」

 「らしい」

 ん~。

 なんとも悲しいコトだが、地道に頑張っておられるそうしたピーポーたちに理不尽な圧力が掛けられること、それほど珍しいことではない。

 「ナニがあったのですか」

 「全く知らなかったのだが、その記事によれば、ある自治体の『子どもの家事業』なるものが、10年ほど前に廃止されたらしい」

 やっぱり。

 「それゆえ、補助金が大幅に削減された、と、書かれていたんだけれど。その廃止理由が、僕にはどうしても理解できなかったんだよな~」

 「どうせ、『聖域なきコストカット』とかじゃないのですか」

 「その方が、まだ、わかりやすかったかもしれない。誰が言い出したのかはわからないけれど、その理由とは、お金を払って学童に通う家庭と、無償の『子どもの家』に通う家庭が存在するのは不平等、ということらしいんだ。しかし、僕には、ナゼ、ソレが、不平等なのかが全くもってわからないわけ」

 ん~・・・。

 お金を払って学童に通うことが損?

 無償で子どもの家に通えることが得?

 お金を払う家庭が損?

 払いたくても払えない家庭が得?

 損と得があることが不平等?

 そもそも、損ってナニ?、得ってナニ?、損得ってナニ?、不平等ってナニ?

 たしかに、ナゾがナゾ呼ぶナゾナゾワールド。私ごときでは、到底、そのナゾを解き明かすことなどできそうにない。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.972

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と三

「ヤッパリ トメラレナイ」

 平和ボケ気味の私たちは、たとえば、戦争に突き進む大国のその国民に対して、エラそうに、「ナニをやっているんだ。もっとシッカリと反対の声を上げて、その暴走を国民一丸となって食い止めなければダメじゃないか」などと宣ってしまいがちだ。圧倒的な権力を握る圧倒的な強者に対して、その国の一般ピーポーたちが声を大にして訴えることの難しさは、そして、その声によって食い止めることの難しさは、この、限りなく平和ボケっぽい私たちには、なかなか理解できないことなのかもしれない。

 しかしながら、その難しさを、やっと、なんとなくながらも感じることができた、ような気がする。

 やっぱり、止(ト)められない。 

 クソッ、やっぱり止められないのである。

 「反対する声が、大きく賛成を上回っていたとしても、結局、やっぱり止められない。ということを、思い知らされた気がします」、と私。

 いかにも、あ~、あのコトね。という顔を見せたあと、Aくんは、思いの丈(タケ)を一気に愚痴り始める。

 「その一点だけを見れば、たしかに多くのピーポーたちに反対されているわけだけれど、結局、選挙では、そんなコトぐらいではビクともしない岩盤支持層に加えて、『ヨソよりはマシみたいだから』などと宣いつつ一票を投じてくれる、そんな消極的支持層なんてのもいてくれたりするものだから、ま、いいか、とりあえずこの件はゴリ押ししておくか~、みたいなコトになっちゃうのだろうな~」

 たしかにその通り。

 選挙なんて、余程のコトがない限り、いつだってそんな感じなのである。

 「たいていのコトは、すぐに忘れてしまいがちですしね」

 「忘れるよね~、ホントにすぐに忘れる。過去に囚(トラ)われずに、未来に向かって突き進め~。は、必ずしも悪いというわけじゃないけれど」

 「けれど、この今を蔑(ナイガシ)ろにして、明るい未来などありはしないでしょ」

 「ありはしない。もちろんありはしないけれど、あんなこんなで、結局、こんな声を上げやすい国でさえ、それでもやっぱり止められない。どうあがいても、こんな一般ピーポーの力程度では、そう簡単には止められないわけよ。つまり、つまりだ。あえてココで強調しておきたいことは、ヨソの国の、その、置かれている厳しい現状についてナニも知らないにもかかわらず、その国のピーポーたちに、エラそうにツベコベ言ったりしておれる立場でも場合でもないだろ、ってことなんだ」

 なるほど、なるほどな~、とは思う。

 とは思うが、ナニよりも恐ろしいのは、こうした、ジワジワと静かに、無自覚に、広がっていく「やっぱり止められない』系の絶望的な無力感、で、あるような気がしてならないのである。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.971

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と弐

「アナタノ ココロノコエヲ キキナサイ」

 ある映画の、その登場人物である、とある学校の先生が、ある一人の迷える教え子に贈った言葉である。

 「あなたの心の声を聞きなさい」

 いい言葉だ。

 周囲の声に振り回されて、ナニがナニやらワケがわからなくなるぐらいなら、あるいは、周囲の声に惑わされて、本意ではない道を選んでしまって一生後悔するぐらいなら、今は、あなた自身の声に、声だけに、耳を傾けなさいという思いを込めた、その先生の言葉である。

 つまり、その声が、邪念など微塵もない、ドコまでもピュアな心の声であるなら、いかにその道が険しい道であろうとも、きっと、開けていくに違いない。という、熱きエールだ。

 とはいうものの、しかしながら、そんな心の声、いくら耳を澄ましても、そばだててみても、そう簡単には聞こえてこない。それほど、溢れる周囲の声に、いつだって、心の中は邪念まみれだということなのだろうか。

 おそらく、先ほどから何度か話題に上っている「聞く力」も、そうした溢れまくる周囲の声に掻き乱されているうちに、聞くべき大切なモノを失ってしまった。ということなのかもしれない。

 聞くべき大切なモノを失った「聞く力」。

 そんな哀れなる聞く力が進むべくして進む道は、誰もが納得できるような正しき本道ではなく、心ある人ならまず敬遠するであろう怪しげで愚かなる「邪(ジャ)」の道なのだろうな、きっと。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.970

はしご酒(Aくんのアトリエ) その百と百と百と百と壱

「ジョウキュウコウムイン パラダイス システム」

 「利権まみれのナンチャラ村が、この国の進むべき道を見事なまでに阻(ハバ)み続けてきた、って感じだよな」、とAくん。

 利権?

 利権まみれの、ナンチャラ村?

 「大地を見ずして天ばかりに目を向ける上級公務員たち。その天からは、更なる利権やら金(カネ)やら出世やらが、ついでに、オマケに、もっと美味しい天下り先やらが、パラパラパラパラと舞い降りてくる。という実に都合のいいシステムなわけだ」

 上級公務員にとって、実に都合のいいシステム、か~。

 おそらく、あの、「今だけ金だけ自分だけ」というナンともカンともな座右の銘をドカッと中心に据えた、上級公務員による上級公務員のための上級公務員パラダイスシステムに、Aくんの心の中は、とにかく愚痴の一つでも言ってやらねば気が済まない、みたいな、そんな気持ちで溢れ返っているように見える。もちろんAくんのその気持ち、わからないわけではない。

 「所詮、人間なんて、ヤヤもするとツイツイ邪念にコロコロと、という生き物ではあるけれど、上級公務員は、己たちのコトだけを考えているようではダメなんだ。ソレを納得することができないのであれば、一刻も早く公務員なんてモノから足を洗い、民間企業で、より良い生活を目指して頑張ればいい。そもそもそんな歪(ヒズ)んだ気持ちのまま公務員をやり続けても、おそらくナンの達成感も満足感も得られないはず。それどころか、つまらぬ邪念に魂を乱され、狂わされ、悪魔に魂を売り渡し、おナワに、なんてことも充分に起こり得る、ということだ」

 おナワに、なんてことも、か~。

 大袈裟なようにも思えるが、そんな気持ちで、なら、その可能性、ある、かも。とくに、ビジネス臭漂う特命を受けた「みなし上級公務員」あたりは、公務員のナンたるかがドウしても理解し辛いはずであるだけに、危ういな、かなり。(つづく)