ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1203

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と三十四

「ナニサマ?」

 「圧倒的弱者が、圧倒的強者に対して、好き嫌いとか敵味方とか損得とかとは関係なく、ただ、すこぶる真っ当なコトゆえ黙っているわけにはいかない、という思いから、やっと声を上げることができた、にもかかわらず、そんな圧倒的弱者に向けて、好き嫌いやら敵味方やら損得やらの呪縛から解き放たれないピーポーたちが、妙に、ヤタラと使いたがるフレーズ、ってのがあるわけよ」、とAくん。

 呪縛から解き放たれないピーポーたちが、ヤタラと使いたがる、フレーズ、とは、いったい。

 そのフレーズ、私なりに秒速で、アレコレ思い起こしてみようと試みる。とくに匿名性三昧のネットの世界では、そうしたアレコレ、溢れ返っている。と、思ってはいたものの、あらためてどんなモノが、と、思い起こそうとしても、そう簡単には思い起こせない。 

 「ソレが」

 グッと身を乗り出す。

 「ナニサマ?」

 なにさま?。あ、あ~。

 「な、に、さ、ま。なにさま。問答無用の殺し文句ですよね」

 「殺し文句?。ん~、ちょっと違うような気もするが。その思いを、魂を、もぎ取ってしまう、という意味では、まんざら的(マト)外れでもないか」

 「勇気を振り絞って声にしたその熱き思いを、『あなたのその立場でエラそうに言うんじゃないよ』と、力付くで、乱暴に、根こそぎ引き抜いてしまおうとするのですから、やっぱり、殺し文句だと思います」

 「あっ」

 ん?

 「そういえば、ある知人がある権力者の悪行に苦言を呈しまくっていると」

 んん?

 「その場にいた者から『ナニサマ?』、と」

 「揶揄された、わけですね。で、その方はどうされたのですか」

 「間髪入れずに言い返したらしいよ」

 おっ。

 「『国民サマだ』、ってね」

 お~、国民さま、か~。

 「いいですね、その、国民さま」

 「国民サマが強者たちの悪行にモノ申してナニが悪い、と、いうわけだ」

 なるほど、なるほどな。

 職業も、性別も、年齢も、その他モロモロも、一切関係なくどんな立場であろうとも、全ての国民さまが、権力者の、強者の、悪行にモノ申せる国こそが、健全な国なのだと、心底、思う。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1202

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と三十三

「メンゼイ ヒキダシ~」

 「チャチャチャチャッチャチャ~!」

 へ?

 「ドコでも免税引き出し~」

 ド、ドラえもん

 「この引き出しに、お金を入れておけば免税になるんだよ」

 はい?

 「持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、事務所でもおウチでも、ドコでも、重宝する~」

 だから、ドコでも、免税引き出し~、な、わけか。

 「あとは、裏金であろうが還付金であろうが、ナンでもカンでも、ソコに放り込んでおけば、免税~」

 課税の対象にならない、か~。

 有り難いと言えば有り難いけれど、間違いなく、地方も、国も、立ち行かなくなるだろうな。

 ん!?

 ま、まさか。

 「まさか、もう、すでに、あの人たちは、その引き出しを」

 「もちろん。そういうコトに関しては、あの人たちのアンテナの精度、バツグンだから~」

 「でしょうね。ドラえもんも、提供する相手はチャンと精査しないと」

 「ごめんなさい、のび太くん」

 「ホントに困っているピーポーたちにならいいけど、余裕まみれのあの人たちに、そんなモノ渡してしまったら、ますます調子に乗って、さらにトンでもないコトをしでかすから、きっと」

 などと、二人して、バカみたいに盛り上がる。

 だけど、冗談抜きで、あの人たちは、本気で「免税引き出し~」だったのだろう。議員会館で、高級料亭で、派閥の会合で、お仲間内で、ほくそ笑みながらコソコソと、声を掛け合っていたに違いない。

 「ドコでも免税引き出し~」

(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1201

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と三十二

「サシヒカエサセテ イタダキタイ」

 「回答は、答弁は、差し控えさせていただきたい」

 ん?

 「良い子のみんな~。エライ先生方が、胸を張って、堂々と、国会などでその使い方の見本を見せてくれているんだから、遠慮なんてせずに、学校で、家庭で、ガンガン真似てみようぜ」

 ん~。

 「〇〇くん、ナゼ、あんなコトをしたの?。回答は差し控えさせていただきたい。〇〇さん、どうして宿題をしてこないの?。答弁は差し控えさせていただきます」

 うわ~。

 「ついでに、もう一つ」

 ん、ん?

 「その指摘は当たらない」

 あ~。

 「〇〇くん、掃除をサボっちゃダメでしょ。その指摘は当たらない。〇〇さん、あんな言い方しちゃ、言われた方は辛いと思うよ。その指摘は当たらないと思いますね」

 うっ、わ~。

 「大いなる権力を握るエライ大先生たちの名言、名フレーズなんだ。この際、こんなふうに、コトある毎に使わせてもらえばいい。さ、学校の先生たちは、おウチの人たちは、どう対応するか、見ものだね」

 なんだか、Aくん、トンでもなく「いけず」な顔に。行き場のない怒りが彼の体内でズンズンと膨らみ過ぎてしまったからなのだろうな、きっと。

 「おそらく・・・。そんなコト言ってたら、しまいに、政治家になってしまいますよ。そんなコトになったらタイヘンでしょ。みんな悲しみますよ。みたいな、そんな感じかな~」

 ん~、さすがにソコまでは、という気もするが、でも、責任あるあの人たちが、あのような無責任極まりない答弁を繰り返していると、しまいに、そんなナンともカンともな回答が、答弁が、学校でも、家庭でも、繰り広げられるようになってしまうかもしれない。そんな気が、マジでする。(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1200

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と三十一

「アッ オオキナカブ!」

 「あっ、おおきなかぶ!」

 本棚の片隅で、あまりにも「そっとしておいて」感まみれであったものだから、全くもって気付けなかった、あの、泣く子も黙る福音館の名絵本だ。

 「おおきなかぶ、ですね」

 「あ~。以前、授業で使ったから」

 「授業で、ですか」

 「その絵本をそのまま使ったわけじゃないけれど、ソコに、音楽やら、ちょっとした遊びやらゲームやら体操やら、を、グチャグチャッと絡めて、より立体的に絵本の世界を体験、って感じ。ま、それなりに、ワ~ワ~盛り上がってはいたけど」

 楽しそう。

 「全然関係ないが、その、おおきなかぶ、で、思い出した」

 ん?

 「かぶ、は、かぶ、でも、ほら、あの、中央銀行やGPIF(年金)といった公的マネーの大規模投入やら為替介入によるトンでもない円安やらが齎(モタラ)した、バカみたいに大きく膨らんだ株高」

 あ、あ~。

 「絵本と違って、アッチのあの『おおきなかぶ』の場合は、善意でも応援でもなく、ただ、その魅力に、旨みに、つられて、次から次へとピーポーたちが群がっていくわけだけれど、『かぶ』がスッポ~ンと抜けたその時を、チョイと想像しただけで、僕なんかは、マジで恐ろしくなっちゃうんだけどね」

 なる。私も、メチャクチャ、なる。

 株に限らずナニもカも、トンでもない円安だから、儲かるから、この国を喰って喰って喰い倒す。だけど、潮目が変わった途端に、Aくんが危惧するように、ナニやらトンでもないコトが、起こってしまいそうな気がしてならない。

 「ちなみに、その絵本の絵、彫刻家の佐藤忠良なんだよね。いい仕事するよな~」

(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1199

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と三十

「ノウゼイ ノーゼイ!」

 かなり辛い義務だけれど、この国の全てのピーポーたちのために必要なモノだから、と、ソレなりに納得はしている「納税」。それゆえ、私なりにその義務を果たし続けてきたし、コレからもそのつもりだ。

 しかしながら、この納税の義務に反旗を翻している政党があるというから興味深い。

 そう、納税の義務の放棄。

 そのためには裏金(一部、メディアで、ナニかの、ダレかの、気を遣って、『還付金』などと宣われておられるようだが)づくりであろうが、ナンであろうが、あらん限りの手を尽くす。

 さぞかし、この政党、納税に苦しむ一般ピーポーたちの絶大なる支持を得ているのだろうな、と、思っていたら、残念ながら、ココにきて、支持率は右肩下がりだという。

 ナゼなのか。

 答えは簡単。

 納税の義務の放棄は、お仲間内だけの限定だからである。お仲間内以外は、今まで通りに、いや、今まで通り以上に、国家のために納税してくれたまえ、なのだ。

 ほら、あの時の、あの、バリ島のお兄さんの鼻歌、そう、ボブ・マーリーの魂の名曲、♪No Woman, No Cry。ならぬ、 「ノー 一般ピーポー、ノー 税」。つまり、税のない一般ピーポーなどいない。と、いうわけだ。

 ところが、ところがだ。ソレが、「ノー お仲間内、ノー 税」となると、随分と意味が違ってくる。

 そもそも、♪No Woman, No Cry の「no」は、実はクレオール語の「nuh」。nuh は英語の「don't」。そう、「Don't  税」、「ダメだ、お仲間内よ、税なんか納めるんじゃない!」、と、なる。

 ふ~。

 まず、ナニよりも大事なモノは、己と、お仲間内。己とお仲間内のためならナンだってするし、場合によってはダークサイドにだって堕ちてみせる。と、いうことなのだろう。

 一般ピーポーたちの「納税!」。

 お仲間内の「No 税!」。

 なんとなく似てはいるが全然違う。

 そりゃ、支持率も、右肩下がりになるはずだ。

(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1198

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と二十九

「タミハ コレニ ヨラシムベシ コレヲ シラシムベカラズ」

 「本来の意味を履き違えて、あるいは、意図的に真逆の解釈をして、上手い具合に悪用してしまう、って、コト、あるよな」

 ん?

 「たとえば、憲法解釈。とくに9条なんて、まさに、ソレ」

 あ~、たしかに。

 さすがに、そのトンでも解釈に限界を感じ始めたのか、ココにきて、ヤタラと、早期改正に躍起になられているようだけれど。

 「つまるところ、結局、論語読みの論語知らず」

 んん?

 「その本質を理解できていないがために、全くもって、真っ当な行動に繋がらない」

 憲法も、論語も、そう易々とはその本質を理解なんてできない、と、いうことか。

 「その論語の中に、こんな一節がある。『子(シ)曰く、民はこれに由(ヨ)らしむべし。これを知らしむべからず』(子曰、民可使由之、不可使知之)」。

 悔しいが、残念ながら、なんのことやらサッパリ。

 「政府、政治、と、一般ピーポーとの関係性、だな」

 んんん?

 「国家にとって、どのように向き合うことが賢明なのか」

 ソレは、ちょっと、違和感がある。

 国家にとって、ではなく、国民にとって、なら、まだしも。

 「つまり、一般ピーポーは、余計なコトなど知らなくていい。知らされる必要もない。おとなしく従ってさえいればいい、と」

 な、な、なんと!

 「じゃ、なくて」

 ん、ん、んあっ?

 「いくら全てを知らして理解してもらおうとしても、なかなかそうはいかない。理解してもらうコトは、それほど容易いコトではない。だから、だからこそ、ナニがナンでも信頼に足る政府で、政治で、なければならないんだ。が、本来の意味らしい」

 ふわ~。

 一気に、ホッとする。

 「ようするに、絶対に悪いコトなんてしちゃ~ダメだ、ってこと」

 なるほど、なるほどな。で、でも。

 「おそらく、陰で悪事に明け暮れているような政治家のほとんどは、一般ピーポーごとき、黙って、政府のやるコトに従っていればいいんだ、と。さすが孔子、いいコトを宣う、と。そう、マジで、思っているのでしょうね」

 「そうだろうな。それこそ、論語読みの論語知らず。論語さえも適当に都合よく解釈して、上手い具合に悪用しようとしてしまうんだから、恐ろしいよ、まったく」

(つづく)

ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.1197

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六百と二十八

「カガイシャガワ ノ チョウキセン ト ヒガイシャガワ ノ タンキケッセン ト」

 この国のピーポーたちの「トンでもなく忘れっぽい」という特異な気質ゆえ、被害者側は、ナニがナンでも短期決戦で決着を付けるぐらいの意気込みで臨まなければならない。ナゼなら、加害者側は、ナニがナンでも長期戦にもち込もうとするからだ。長期戦にさえもち込めば、たいていの場合、スルスルと、世間の興味は薄れ、気が付けば忘却の彼方。もう、誰も、そんなコトに関心を示さなくなる。

 「全てがそうだとは思いませんが、でも、この国って、加害者側は、長期戦にさえもち込めば逃げ切れる、って、思っていませんか」

 「長期戦に、かい」

 「どうせ、皆、すぐに、興味がなくなって、どうでもよくなるだろうし、みたいな」

 「忘れっぽいからな~」

 「まさに、先ほどの、沈黙は美徳なり。火に油を注ぐことになりかねないようなコトは語らず、ダンマリを決め込んでズルズルと時間稼ぎ。そうこうしているうちに、皆の頭の中からフェードアウト。はじめからナニもなかったかのようにキレイサッパリ消えてしまう」

 「消えてしまうよな~」

 「でも、こんな戦術、ダメですよね」

 「ダメだろ、もちろん。だけどだ、大いなる権力を握っていればいるほど、その戦術で逃げ切れそうだよな」

 「悔しいけれど、私も、そう思います」

 「だから、だから忘れちゃダメなんだ。とくに、圧倒的な強者が起こしたトンでもないコトは、絶対に」

(つづく)