ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.09

椀物 その壱

「ナガイモノニマカロニウエスタン

 made  in  Italy の西部劇、マカロニウエスタン。スパゲッティウエスタンとも言うらしいが、こちらは馴染みが薄い。

 悪党たちが、はびこりのさばる荒野の小さな町。そんな荒野の町には、いつも乾いた風が吹きすさび、人々に笑顔はない。彼らは既に抗うことを諦めている。それなりの生活がそこにあるからだろう。そんなある日、そこに流れ者が現れる。すごい銃の腕前。フランコ・ネロジュリアーノ・ジェンマクリント・イーストウッド、懐かしい面々。激しいドンパチの末、町に平穏な日々が訪れる。やがてクリント・イーストウッドたちは去っていく。

 でも、大衆の力によって勝ち取ったものではないから、おそらく、またまた新手の悪党がはびこりのさばり出すのであろう。もう凄腕の流れ者は、やって来ないかもしれない。そもそも現状を打破する起死回生の一手を打ってくれるような流れ者など、そんな簡単に都合よく現れはしない。

 結局は、抗うことも、流れ者の登場に期待することもなく、とかくこの世は「ナガイモノニマカロニウエスタン」なのである。

 と、主役であるはずの豚肉の立場を軽んじているんじゃないかと思ってしまうぐらいの勢いで大ぶりのニンジンやらサツマイモやらがゴロゴロの豚汁(人気がないのか、メニューから消えてしまったみたいだけれど)を食しながら、「ナガイモノニマカロニウエスタン」理論を、ほのかな絶望感を滲ませつつ展開していたAくんなのであった。(つづく)