ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.565

はしご酒(Aくんのアトリエ) その六

「キニナッテシカタガナイ ヨムヒトモンダイ」③

 「ナニがナンでも突っ込まれたくない症候群、ってヤツかもしれない」

 「えっ!?」

 「変に突っ込まれてごらんよ。場合によっては、したくもない訂正やら謝罪やらを強要させられたりなんかして、邪魔臭いったらありゃしない。と、なると、そう易々とは自分の言葉で語るわけにはいかない、ということだ」

 などと、ボ~ッと聞いていたら、読む人側の肩をもつようにも受け取れるコメントを、Aくんが、し始めたものだから、少し当惑する。

 「それもまた、保身、ですか」

 「不安定な権力者だという自覚が、あるのかもしれない。不安定ゆえに、ナニかに怯えている」

 「ナニかに、ですか」

 「そう。それがナニかは、僕にはわからかいけれど、基礎工事をいい加減にしたものだから、どうしても、ドンと構えた安定感がない」

 「基礎工事をいい加減に、ですか」

 「建造物も人間も、基礎工事を怠ると、その上が、いくら立派そうに見えても、所詮、ナンともカンともだ、ということだ、な」

 いつもながらの、Aくん特有のわかりにくさはあるものの、なるほど、「ヨムヒト問題」は、そっくりそのまま、「基礎工事いい加減問題」なのか、と、思いのほかズッド~ンと、腑に落ちてしまう。(つづく)