ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.37

箸休め

「ヤヤコシイ ヤヤコシイ パワハラハラ セクハラハラ」

 どう考えても理不尽、どこから見ても差別的、な、そんな悪しき圧力に、耐えに耐え続けてきた圧倒的弱者による勇気と正義の一撃。その一念発起パワーは、必ずや「パワハラー」や「セクハラー」といった現代社会の悪魔たちの、その腐敗した魂に風穴をあけるに違いない。それほど巷には、旧態依然とした悪魔が、まだまだゴロゴロと生息している、というわけだ。

 しかしながら、どうも、この問題には、ナニやらどうも、コトをヤタラとヤヤこしくしてしまっている妙なモノが、ベチャッとへばり付いているように思えてならないのである。そのヤヤこしさが、そのまま、「パワハラ、セクハラ」を「パワハラハラ、セクハラハラ」にスライドさせている。

 そう、パワハラハラ、セクハラハラ。

 世の中には、確信犯的な根っからのトンでもない悪魔と、悪魔の実感など全くない、むしろ私はどちらかと言えば善良な一般ピーポーだと、都合よく思い込んでいる無自覚なトンでもない悪魔とが共存しているように思える。しかし、私がヤヤこしいと感じているコトは、そのドチラのコトでもない。

 私が、ヤヤこしいと感じているコト、ソレは・・・。

 そのような悪魔とは無縁の、気弱な一般ピーポーが、必要以上に己の言動にハラハラドキドキしているコトに、どうしてもシックリこない違和感を、以前からズッと抱き続けている。

 そんな己の言動の表層の部分でハラハラドキドキするぐらいなら、まず、自分自身のモノの考え方、価値観、といったモノのアレやコレやを、まず、ジックリと、腰を据えて見つめ直してみてはどうだろうか。

 自分という人間は、いったいどういう人間なのか。ナニを大切にし、ナニを思い、ナニを考えているのか。ソコには、後ろめたいモノなど微塵もないのか。ソコには、悪魔は棲み付いていないのか。

 ハラハラドキドキのその前に、まず、己という人間を知ることから始めないと、いつまでも、己の言動に、自信もナニももてないままハラハラドキドキし続けなければならないような気がしてならない。(つづく)