ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.306

はしご酒(4軒目) その五十七

「ウラハラ ナ ウラハラ」②

 「パワハラには、表と裏があるのではないかと、かなり以前から思っているんですけど」、とAくんに。

 ほ~、という表情を見せたAくんは、そこのところをもう少し具体的に、というような顔を返してくる。

 いま、ようやく話題になり、メスが入れられるようになったのが、ハデで目立ちやすい表のパワハラである「オモテハラ」で、その影に隠れた沈黙のパワハラである「ウラハラ」ってヤツが、きっといるにちがいない、と私は思っている、と、一気に捲し立てる。

 「だから、裏腹(ウラハラ)に、なんて言い方が、この世には、あったりするわけか」、と、ナニやら新しいモノでも発見したかのような、ちょっと得意げなAくんに、「それは違うと思います」と、間髪入れずに、とりあえず否定しておく。

 たとえば、「評価する」という行為。

 目立って仕方がない「オモテハラ」に対しては、細心の注意を払いながら、「評価」で静かにトドメを刺す、という、必殺仕事人の如く巧みなハラスメントである「ウラハラ」、のことが、どうしても、どうしても気になって仕方がないのである。

 所詮、人が下す「評価」、絶対に正しいなんてことがあるはずもなく(もちろん、AIに任せればいい、という問題でもない)、それゆえに、そこかしこで、評価という「ウラハラ」に怯(オビ)えた者たちの、忖度(ソンタク)や、媚(コ)びや、諂(ヘツラ)い、が、芽生えだすのだろうし、方向性を見誤った無理もするのだろう、と、思えてならない。

 すると、確信に満ちた表情をホンノリと浮かべながら、ユルリとAくんが語り出す。

 「ということは、やっぱり、裏腹(ウラハラ)な、ウラハラ、ということだな」、と、そう簡単には引き下がらない、ちょっと頑固な、今宵のAくんなのである。(つづく)