ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.199

はしご酒(3軒目) その二十八

「ショウヒンダマシイ ノ ヒアイ」①

 ときどき、こんなことを思う。

 着物も、草履も、蜜も、グラッパも、この焼き栗も、やれウマイだの、やれマズイだの、やれキレイだの、やれイマヒトツだの、と、上から目線でエラそうに、スキなことをナンやカンやと言われたりしているにしては、よくもまあ、心を乱すことも心が折れてしまうこともなく、クールに、我が人生(「商品生」と言うべきか)を全(マット)うしようとできるものだな、と、感心する。と、同時に、もしも、この子(商品)たちが、ある日、突然、・・・、などと、少し困りものの妄想の扉までもをノックしてしまったりもする。

 そう、少し困りものの、妄想の扉。

 その扉の向こう側で、たとえば、貴社で製造している、扱っている、商品たちに、ある日、突然、魂が宿り、その商品たちが、いや、その子たちが、いま置かれている状況に対して「モノ申す」、と、いうようなコトが起こったとしたら、どうだろう。(つづく)