ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.154

はしご酒(2軒目) その五十六

「ヒン!」①

 この世の中には、どこまでも理不尽な「リフジン(理不人)」と、なにがなんでも道理に生きる「ドウリジン(道理人)」と、しかいないのではないだろうか、という、「世の中ジンジン」理論は、Aくんの数ある持論の中の一つである。

 彼の、その、少々極端ながらも、なかなか核心を突くブラボーな持論に触発されたわけではないけれど、同じように、人の言動もまた、どこまでもプンプンと臭う「オゲヒン(お下品)」と、なにがなんでも香(カグワ)しい「オジョウヒン(お上品)」と、の、2種類しかないのでは、と、(コレもまた少々極端かもしれないけれど)思ってしまう、今日この頃の私なのである。

 そんな、私の「世の中ヒンヒン」理論であるが、もちろん、身なりや言葉づかいといった表面的なもののことを言っているのではない。そんなものはどうでもいい。むしろ、かえってそれらがジャマにさえなったりするから、とかくこの世はヤヤこしい。

 そんなヤヤこしいものから、かなりの距離をおく、私が思うその「品(ヒン)」とは、その言動から滲(ニジ)み出る、心の、魂の、有りようのことであり、そうしたものが、下品であり、上品であると、言っているのである。(つづく)