ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.150

はしご酒(2軒目) その五十二

「シタタカ ノ ジダイ」

 強(シタタ)か。

 時折、私の周囲で耳にするこのコトバに、「誉めコトバ」感は、あまりない。ソコには、「計算高さ」とか「ズルさ」とか「自分本意」とか、そんな負のイメージばかりがへばりついている印象だ。漢字は、同じ「強」であるのに、そのあとが「い」の場合と「か」の場合では、印象が随分と違う、から興味深い、と言えば、興味深いのだけれど。

 しかしながら、強さの代名詞のように見えていた知人たちが、知人たちのココロが、ある日突然ポキッと、ということが、身近なところで、起こったりする中で、目にしたりする中で、ひょっとすると、という思いが、ポコンポコンと湧き起こってくる。

 ひょっとすると、ひょっとすると我々は、いわゆる正攻法の、正統派の、「強い」、を、求める際においても、周囲の「目」というものを、無意識のうちに気にしてしまっているのではないだろうか、と。そのように周囲から認められる正統派の強さ、というものに、はたして、本当の強さがあるのかどうか、かなり疑わしい。

 そこかしこで不条理、あちらこちらで怪しい、どこもかしこで不信、な、この世の中で、この時代で、あるからこそ、(そうした評判のよい)血統書付きの正統派ではなく、むしろ、(どうも評判がよろしくない)悪名高き邪道である「強か」を、胸を張って目指すべきではないだろうか、いや、目指すべきであろう、と、結構本気で思い始めている。

 幾度となく鑑賞した、ビクター・フレミング監督の『風と共に去りぬ』。その熱き名作に登場するケイティ・スカーレット・オハラ(ビビアン・リー)の生き様を見るにつけ、その思いは、さらに一層強固なものとなる。

 まさに、「強かの時代」の、到来なのである。(つづく)