ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.118

はしご酒(2軒目) その二十

「ローカルカラー ハ アイデンティティ

 「精米歩合90%の、生まれも育ちも古い木樽、という、呑む度(タビ)に味が変わる暴れん坊、どうですか?」、とお兄さん。

 ん?、精米歩合90%の暴れん坊?

 先ほど、レアものの泡盛をパスせざるを得なかっただけに、「もちろん、いただきます」と、すぐさま返す、私。

 フフフフフ。

 眼前に鎮座するOくん絶賛のイカの塩辛に、絶対に合うにきまっているとホクソ笑む。

 その、お兄さんオススメの暴れん坊はラベルまで暴れん坊で、なかなかのインパクト。ますます興味が湧く。そして、小振りのガラスのお猪口に注がれたその顔つきもまた、湧き上がる興味を更に一層膨らましてくれるほどの暴れん坊ぐあいで、我慢できずに、性急に、ソコに口を近付ける。

 「暴れてる、暴れてる、暴れてますね~、コレ」

 グイッと一息に呑み干した私は、お兄さんに、そう告げた。すると、「いいでしょう。野暮ったいけれど、目一杯、ワイルドで、個性的で」、と、お兄さん。共感し合えたことに、なんだか、とても、嬉しそう。

 あっ。

 突然、ナゼか、大学時代のテストで出題された、ある記述式問題のことを思い出す。

 「『ローカルカラー』を説明しなさい」

 ロ、ローカルカラー?

 ローカルカラー、って、ナニ?

 不覚にも、その時初めてソレを耳にした私は、大慌てて脳内コンピューターをフル稼働。

 まず、とりあえず「田舎の色」と直訳し、ソコから、アレやコレやと思考を巡らせまくったその先で、どんなに世の中が変化しようと、そう簡単には変わらない、そんな、「微動だにしないそのモノのそのモノらしさ」がローカルカラーだと、無理やり結論付けたコトを今でもリアルに覚えている。

 そう、ローカルカラーとは、微動だにしないそのモノのそのモノらしさ。無理やりとはいえ、当たらずといえども遠からず。なかなかいいトコロを突いていると自画自賛

 そして、今、「微動だとしないそのモノのそのモノらしさ」が爆発しているような、そんなこの暴れん坊を呑みながらシミジミ思うのは、ローカルカラーとはアイデンティティなのだな~、というコト。

 そう、ローカルカラーは、アイデンティティ

 私は、このアイデンティティこそが、イロイロなコトに振り回されがちなこんな世の中であるだけに、ナニよりも大切なモノであると、以前から、かなりシツコク思っている。

 気持ちいいぐらいアイデンティティ臭を撒き散らすイカの塩辛と、ローカルカラーな暴れん坊酒との奇跡のコラボレーションに、(酔いが回ってきたのか)ナゼか、ほんの少し涙ぐんでしまった、私なのである。(つづく)