ガッコ ノ センセ ノ オトモダチ vol.106

はしご酒(2軒目) その八

「ショク ヘノ コダワリ ハ アイ」②

 南イタリアシチリアタオルミーナで、その思いは、確信に、限りなく近付く。

 たまたま入った(賑やかなDuomo前広場から少し離れた路地の)ピッツェリア。

 まだ、夜の営業前の休憩中であったらしく、「少し時間がかかるけれどいいか?」、と、シチリア訛り(だと思う)のイタリア語で言われてしまう。もちろん、「シクラメンテ!」と返しつつ、通りに面したテーブル席に座る。客は私だけだ。外は、まだまだ明るい。

 少し年配のお姉さんが、ピッツァが焼けるまで、ビールのアテにどう?、と、勧めてくれた(と思う)、地元野菜のナスが抜群に美味しいカポナータをいただきながら、そのお姉さんと、そして、その奥で、バン、バン、と、生地を捏(コ)ねるお兄さんと、カタコトのイタリア語やら、ア、リトルな英語やら、ほとんど通じていなかった(と思う)大量の日本語やら、とを駆使しつつ、アレやコレやとトーキングを楽しむ。お互い、30%弱ぐらいしか伝わっていないようなトーキングであったわりには、なんだか妙に可笑しくて、三人で笑いまくっていたのである。

 そんなご機嫌な雰囲気の中で、ピッツァが焼けるのを待つ。

 粉からなのである。そう、粉からバン、バン、バン、バン、バン。見ているだけで楽しくなってくる。でも、考えてみると、蕎麦屋、そう、蕎麦屋と同じなんだ、と、すぐさま合点がいったことを、リアルに思い出す。

 挽きたて、打ちたて、茹でたて、の三たてならぬ、捏ねたて、(ちょっと寝かせて)伸ばしたて、焼きたて、の、少し厚みのある三たてピッツァは、ホントに、ホントにブオニッシモ!、だったな~。

 そう、底抜けに、ブオニッシモ!

 「地元」に根ざした「食」に、「時」が、「空間」が、「人」が、絡みに絡み、「愛」が満ち溢れていく。そんなべラボ~に、ベラボ~に贅沢な、時間であり、空間であり、出会いであり、交流であったのである。

 すると、若ゴボウの炒め煮をアテに、そんな私の、ほとんど独り言のような「食」にまつわる思い出噺に耳を傾けつつ、静かに奈良の地酒をチビチビとやっていたOくんが、ナニを思ったか、突然、小さく叫ぶ。

 「べラボ~って、イタリア語でおましたんやな」

(つづく)